本文へ移動

ウェブアクセシビリティへの対応について

ウェブアクセシビリティとは

ウェブサイトを利用する高齢者や障害者を含めた利用者が、利用環境やウェブサイトの機能に関係なく、ウェブで提供されている情報を正しく取得し、利用できることを意味しています。

ウェブアクセシビリティへの対応について

平成28年(2016年)4月1日に施行された「障害者差別解消法」や総務省からの「みんなの公共サイト運用ガイドライン(2024年版)」において、全国の行政機関等が運営するウェブサイトがウェブアクセシビリティに対応するための取り組みが求められています。

姫路市社会福祉事業団での取り組みについて

姫路市社会福祉事業団では、「障害者差別解消法」や「みんなの公共サイト運用ガイドライン(2024年度版)」で示す高齢者や障害を有する人を含めた全ての利用者が快適に利用できるようウェブアクセシビリティに順次対応していきます。

ウェブアクセシビリティ方針

対象とする範囲

姫路市社会福祉事業団の公式ウェブサイトを対象とする。
ただし、CMS(コンテンツマネジメントシステム)の管理外のコンテンツについては、可能な限りCMSに移行することを目指すとともに、ウェブアクセシビリティに配慮したコンテンツの提供に取り組みます。

目標とするJIS X 8341-3:2016の適合レベル

JIS X 8341-3:2016の等級AAに準拠することを目指します。
JIS X 8341-3:2016の等級にはA、AA、AAAの3つの等級があります。
等級AAに準拠とは、等級A、及びAAのすべての達成基準を満たすことで、この表記方法は、ウェブアクセシビリティ基盤委員会(WAIC)が公開している「ウェブコンテンツのJIS X 8341-3:2016対応度表記ガイドライン」で定められた表記です。
 

姫路市社会福祉事業団ウェブアクセシビリティガイドライン

姫路市社会福祉事業団ウェブアクセシビリティ取組確認・評価について

総務省「みんなの公共サイト運用ガイドライン(2024年版)」に基づき、ウェブアクセシビリティに関する取組確認を行いましたので公表します。

団体全体としての取組確認・評価結果

団体全体としての取組確認・評価表(エクセルファイルが開きます)
(取組確認日:2024年3月31日)


姫路市社会福祉事業団全体(運営しているドメイン(http://himeji-fukusi.jp))についての取組確認・評価
全体評価として、16ポイント中、12ポイントとなった。各項目別の詳細は以下の通りである。

「基本的対応の徹底」については、8ポイント中、7ポイント

・対象の把握

団体全体として定期的にアクセシビリティ対応の対象となるコンテンツを洗い出し把握している。

・団体として統一したガイドラインの策定

最新のJISX8341-3に対応するとともに毎年アクセシビリティに関するガイドラインを確認し、必要に応じて見直している

 

「段階的拡大については、8ポイント中、5ポイント

・公式ホームページ(公式ホームページのスマートフォン向けサイトを含む)

全HTMLを対象としてウェブアクセシビリティ方針を策定・公開し、方針の見直しを行いながら取り組んでいる。

・公式ホームページ以外のサイト等(関連サイト/ウェブアプリケーション、ウェブシステム/スマートフォン向けサイト/携帯電話向けサイト等)

対象の半数以上についてウェブアクセシビリティ方針を策定・公開し取り組んでいる



担当

姫路市社会福祉事業団 事務局
電話番号:079-260-7726
@caféぴあのぴぁ~の
インスタグラム
「caféぴあのぴぁ~の」は
姫路獨協大学と姫路市立
障害者支援センターとの
コラボレーションにより
実現した障害のある方が
生き生き働くカフェです
 
 
ふれあいの郷Instagram
 
写真提供:姫路市
ふれあいの郷養護老人ホーム
のインスタグラム
TOPへ戻る